暑いけど歯科に通ってる

暑いけど歯科に通ってる

今日もうだるような暑さの中、歯科通いしています。

 

実は下の子の歯科で床矯正中問題発生。

 

なんと 反対咬合(しゃくれ)が治ってきたかわりに
出っ歯になってきてしまいました。

 

原因はいつも口がだらしなく開いているから。

 

せっかく歯科で矯正しても
普段の姿勢や食生活が改善しないとうまくいかない事もあるのです。

 

逆に言えば、もし 貧乏で、わが子に歯列矯正が出来ない時には
こういった外部因子を変えることで各段に歯並びがよくなる可能性はあるのです。

 

一つは硬いものを食べさせる。

 

幼児に硬いものって言っても難しいです。

 

ナッツ類など飲み込むと死んでしまったりするものもあって
注意が必要です。

 

でも、今日びのお子さんはやわらかいもの食べさせすぎのようで、
そのせいで、あごが発達せず、乳歯がぎっちり詰まって生えてきます。

 

その結果 永久歯が生えてこれない(隙間がない)ためがたがたの歯列になってしまいます。

 

あとは姿勢。

 

頬ずえをつく姿勢は歯列を崩します。
お口ポカーンも出っ歯の原因になります。

 

やっぱり熊本市 歯科でも、
人気の高いところへいっておくべきなのかな。


 
HOME レーシックのお値段 費用の内訳 経費の内訳 医療費控除 実際高いのか?